ED治療薬の注意

危険ED治療薬
(偽造医薬品四社合同調査結果より)

インターネット流通の55.4%(日本:43.6%、タイ:67.8%)が偽造品でした。真正薬は44.6%で偽造品が過半数を超えています。偽造品の品質にはばらつきがみられ、医薬品成分の含有量が承認されている用量より多い・少ないだけではなく、全く含有していないもの、他の成分、複数の不純物が含まれるものがありました。

偽造ED
医薬品四社合同調査

現状
・現在までに、日本を含む世界約
60ヵ国で偽造バイアグラが発見されており、
レビトラ、シアリスも同様に偽造医薬品が流通している。
・偽造医薬品は、主にインターネット等の非正規ルートを通じ、多く流通して
いるが、その正確な実態はわかっていない。
・偽造医薬品は専門家でも判別が難しい精巧なものがあり、製造現場は、
不衛生で、その成分には不純物が含まれている場合があり、死亡例を含む、
健康被害を招くケースも発生している。
・短期的には問題がなくても、長期服用によりどのような影響があるのかなど、
未知の健康被害の可能性もあり、未解決の問題が多く存在する。

偽造ED治療薬やその他の漢方薬(いわゆる精力剤)3種を服用した患者で、低血糖による昏睡などの重篤な有害事象が発生した。
2008年5月現在、確認患者数40人、疑いのある患者87人。うち4人死亡(そのうち2人が偽造ED治療薬による死亡)。

偽バイアグラ
偽物はとても精巧にできており、専門家でないと判別が難しいのが現状です。
バイアグラばかりではなく、レビトラやシアリスも偽物が横行しています。